単独トレーニングは危険


この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

フィットネスクラブ、ジムの『効果』にも2種類あると思っています。


1つ目は、『もったいないから、ジムに行く』という
義務を自分に課してモチベーションを維持する人。

もう1つは、『全身の筋肉(特定の筋肉)を効果的に鍛えられる』から、
自分の健康管理や体型維持、トレーニングに活用しようとする人。


やせるだけであれば、
食事のカロリーより運動で消費するカロリーを増やせばいいのですが、
鍛えようとする特定の筋肉に働きかけるためには、
トレーナーに指導をうけた方が効果的です。


通常の運動では、特定の筋肉を鍛えようとすることは難しく、
やり方が悪いと故障の原因になります。

私も、昨年の今頃『歩くときに足裏の第2指付け根の関節が痛み』、
整形外科を受診すると『走りすぎ』という診断でした。


ファンランナー用の厚めのソールのシューズに、
衝撃緩衝のインソールを入れて、ゴム舗装のコースを走っていたので、
足(脚)への負担は大丈夫だと思っていましたが、
足裏の関節への負担までは軽減できません。

年をとってからの走り過ぎは危険だと教えられたわけです。
走るときには痛みを感じなかったので、関係があるとは想像していませんでした。
それ以降距離を少し短くしたところ、現在は痛みが消えています。


しばらくして、後輩から同じような症状があると聴き、教えましたが‥。



人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です