健康的な食生活とは・・・


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。


(c) .foto project



調理法が健康と老化に深い関わりがありそうです。


唐揚げ・ステーキは老化を促進/


AGE(Advanced Glycation End Products=終末糖化産物)は、
加熱でタンパク質に糖がくっついて生成される物質で、
老化に深く関わっている可能性が高いことが判明しました。

AGEは、100年ほど前に食品化学の分野で発見されたもの。
タンパク質を加熱調理すると、焼き目やこげ目がつきます。

この茶色の焼き目の所にある物質がAGEで、
風味や香りに関わっており、
調理方法によって形成のされ方が大きく違ってくるのです。

どのくらいの温度で調理すると食品が香ばしく仕上がるのか、
どこまで加熱すると日持ちが良くなるのかなど
研究が進められてきました。


19800年代から、AGEが医学の分野で注目され始めましたが、
すでに、糖尿病を患った人は、老化が早く進むことも
知られていました。

専門家によると、
「糖尿病で高血糖が続くと、身体の中で作られ
溜まってくるものがあります。
この物質の蓄積によって老化が進行するのではないか
との説が提唱されてきました。
どうもAGEが、この老化の原因物質らしいと分かりました。」


AGEの悪影響は、糖尿病でない一般の人にも及ぶため、
今回、全国4017人を対象に
AGE測定と食・生活習慣のアンケート調査が実施されました。

その結果、
食・生活習慣が最も良い人と悪い人とでは、
AGEの溜まり方に14年分の差が生じていました。
また、揚げ物や加工食品好き、ストレスを抱えている人、
生野菜を食べない人たちなどで、
AGEの蓄積が顕著だということです。

つまり、歪んだ生活習慣の人たちは、実年齢以上に
老化が進んでいるということになります。

肉料理であっても、唐揚げやステーキよりも、
しゃぶしゃぶのほうがAGEが少なくなります。
また食事の初めに野菜を食べたり、
酢のものなどと一緒におかずを食べたりすると
AGEの蓄積が抑えられるとされています。

また、東京都内で開かれた「食育健康サミット2013」で、
「糖質(炭水化物)の摂取量が減少する一方で、
脂質の摂取量が増加していることが
生活習慣病対策の栄養管理で大きな問題になっている」など、
昨今話題になっている糖質制限ダイエットにも
一石を投じる提言がなされたと報道されています。


糖質制限ダイエットに一石- 食育健康サミット2013開催 | 医療介護CBニュース.

「日本人のカロリー摂取量は1960年代以降、
徐々に減少しているにもかかわらず、
肥満が主な原因とされる2型糖尿病は増え続けている。

これには、食事において脂質が占める割合が
際立って増えていることが深く関与している」との
見解が出されています。

日本人の体質について、
○欧米人より低い肥満度(BMI)で糖尿病を発症しやすい
○内臓に脂肪が付きやすいため、脂肪の量自体が少なくても
生活習慣病になりやすい
―など、少量でも脂質が健康に影響しやすいことを説明。


『糖質を制限すれば、何を食べても大丈夫』というのは
危険そうですね。



人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です