『正しい』水分補給


この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

dri0026-099

暑い時の水分補給は気をつけていても、
寒くなるとお茶やコーヒーなどで
水分補給をしていませんか?


その方法は、身体に悪いかも・・・。
コーヒーを始めとしたカフェインを含む飲み物は、
利尿作用があるため、尿と一緒に排出されてしまい、
水分は補給できません。


ほうじ茶は、煎茶や番茶などを強い火で焙って製造するため、
カフェインが少なくなっています。


麦茶は、大麦の種子を煎じたものなので
基本的にはカフェインを含みませんが、
メーカーや製法によって紅茶やウーロン茶の粉を混ぜて
冷水でも速く色を出すという商品もあるので、
注意が必要です。


水分補給のタイミングは、『できるだけこまめ』にです。
「水や麦茶は大量に飲めない」という声も聞きますが、
がぶ飲みすると吸収のために腸に負担をかけるので、
一口ずつ頻繁に飲むべきです。
(中学生の時、暑い時期に冷たい水をがぶ飲みして、
大腸炎になりました。)

寝る前は、トイレで目が覚めない程度に飲むと
水分不足による脳梗塞のリスクを減らすことができます。
睡眠時に水分が失われているので、
起床時は多めに飲む必要があるとされています。


私の場合は、起床時に500ccほど飲む他は、
少しづつを繰り返して合計すると
1日に2リットルくらい飲んでいます。


『水太り』を警戒する方もいると思いますが、
水太りやむくみはリンパ液の流れが滞った結果です。

『水』では太りません。



人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です