食べる順番ダイエット


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

(c) .foto project


食べる順番ダイエット』は、食事の食べ方を工夫することで、
血糖値の急激な上昇とピーク値を下げ、
合わせて糖質(炭水化物)と脂質の
摂取量を減らしてダイエットにつなげようというものです。


詳しい説明は後にして、基本的な考え方は、
GI値(Glycemic index)の低いものから
食べることを基本とします。
(GI値とは、その食品が消化されて糖に変化する速さを表した数値です。)

最初に食物繊維の多い野菜を食べて、
次にタンパク質、ついで脂質を摂り、
最後に糖質(炭水化物)を食べるというものです。

ただし、野菜といっても
にんじん、かぼちゃ、とうもろこし、
じゃがいも、山芋などは
GI値が高いので食べる順番には注意が必要です。


満腹感は、
胃が膨れることで得られるものではありません。
間脳にある視床下部が、満腹中枢となり、
『血糖値の上昇』や『脂質・タンパク質』の刺激による
十二指腸からのホルモン、食べた物で『胃の壁がふくれる』
などのさまざまな情報を受け取って判断するものです。

満腹中枢が働くまでには、
食事を始めてから20分ぐらいはかかるといわれています。

血糖値の上昇が速いとインスリンの負担が大きくなり、
分解が遅れて血糖値のピーク値も上がります。

さらに、体脂肪の合成されるホルモンが流れ始め、
処理しきれない糖分が脂肪に換えて蓄えられてしまいます。

また、早食いの場合は、
満腹中枢が働くまでに食べ過ぎてしまい、
気がついたら『胃が重い』ということになってしまいます。
(ちなみに、私もこのパターンです)


野菜を最初に食べることで時間を費やすため、
満腹感を早めに得られて
炭水化物を食べる量が少なくなるという効果もあります。


このダイエットはカロリー計算はせず、
普段の食事内容で食べる順番だけを変えるだけで
OKというのが人気のポイントです。


献立を考えるときには、
前半に「野菜」を食べなくてはならないので、
普段の食事に野菜が取り入れられていない人にとっては、
何かの野菜料理を用意することが必要です。

例えば、とんかつとごはんといった食事では
『食べる順番ダイエット』は成り立たないので、
自然と一汁二菜以上のバランスの調った食事に
つながることもこのダイエットのメリットだと考えられます。


さらに、『白米食』より『玄米食』が、
玄米食よりも『玄米+豆食』の方が
24時間の血糖変動量が小さくなるという
研究結果がでています。

量を減らさなくても、血糖値のコントロールができれば
最高ではありませんか?

白米onlyより玄米+豆を 世界糖尿病学会の報告から|カラダご医見番|ダイヤモンド・オンライン.



人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です