『粗食』は健康に直結しません!バランスの良い食事


この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

1042455_79495343

健康になるためには、バランスのとれた栄養のある食事と、
適度な運動が必要です。


ただし、健康になる食事は『粗食』ではありません
主食である穀物に加えて、野菜や肉、魚などをバランスよく
食べることが重要です。


よくバラエティー番組や雑誌で見られる
『これを食べるだけで痩せる』というのは、
普通の食事の一部の置き換え、
運動との組み合わせ
空腹感を起こさせずに間食を抑止する
などの組み合わせで効果が出るものがほとんどです。


加えて、『粗食は長寿』というイメージは誤解です。

長寿地域として有名な地域の多くは、
確かに高齢者が多いのですが、
それは若年層が少ないだけのこと。

100歳以上の超高齢者が多い地域は、
肉や魚を加えたバランスの良い食事と、
適度な労働による影響が大きいことが調査で判明しています。

沖縄は元気な高齢者が多く、さらに超高齢者も多いのですが、
戦後に生まれた人は食生活がアメリカナイズされたため、
短命になることが予想されています。


できれば、米ならば白米より玄米や雑穀米、発芽米、
パンの場合は普通の小麦より全粒粉・ライ麦パンなど
にしたほうがビタミンを摂れ、
さらに血糖値の上昇を抑えることができます。
どれも少し高価になるのが難点ですが・・。


食材を考えるとき、体に悪いものは避けたほうがいいです。
食材の毒性を除くより、体に入れないほうが簡単で良いに決まっています。

どうしてもスイーツが欲しいという方は、和菓子をお薦めします。
砂糖が多いので甘みを強く感じる割に、カロリーが少ないです。

糖尿病のリスクがある方は、ところてんか寒天でしょうか・・。


何を食べるにしても、アレルギーのある方は確認をお願いいたします。




人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です