グルテンフリーダイエット


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

a0002_011599


最近欧米のセレブの間で流行っていると言われる
『グルテンフリー・ダイエット』。


グルテン(gluten)は、
小麦、大麦、ライ麦などの穀物の胚乳から
生成されるタンパク質の一種です。


グルテンの摂取で
アレルギーや、セリアック病、腸疾患などが
引き起こされることがあると言われています。

さらに、中毒性や血糖値が上がりやすいといった
問題もあるという情報もあります。


グルテンフリーの食事は、もともとグルテンに反応する病気や
グルテンアレルギーの人たちの為に、
グルテンを含まない食事として考えられたものです。


アメリカやカナダでは、グルテンが原因のセリアック病が
130人に1人で発症していると言われていることもあり、
食品のパッケージにもグルテンを含んでいないという意味の
『Gluten free』が表示されているものがあります。


これに注目したのが健康志向のハリウッドセレブたち。
アレルギーのない健康体の人たちが試したところ、
「体調が良くなった」、「やせた」といった声が広まり、
ヘルシーでダイエットにも効果があるとされ、
美容・健康志向の高い人たちの間で
新しい食習慣として知られ始めているということです。


このダイエット方法が日本にも入ってきたのですが、
実は『グルテンミート』というグルテンを固めた代用肉が、
マクロビオティックに基づく健康食・長寿食として
日本でも1960年代から広められているという現実もあります。

小麦を昔から主食としてきた地方の人たちのすべてが、
重大な健康問題を抱えていると聞いたことはありません。


アレルギーを除けばグルテンミートで重大な問題が出た
という話は聞いたことがないし、
日本食の基本である『米』にはグルテンが入っていないので、
小麦を多く使っているパンや麺類を
米に変更するだけでも効果はあります。

炭水化物を含む糖質の過剰摂取は、
体重増加の主要な原因であり、
健康にもよくないので、
その中で考えれば問題はないのではないでしょうか・・・。

個人的には、食べ過ぎている人たちが趣味とこだわりで
『ダイエット』と称しているという気がしてなりません。

 



人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です