血糖値と頭痛


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

『血糖値が高め』ということについて話していた時に、
食事内容を聞かれて、
話のついでに「実は片頭痛もある」と話すと、
『血糖値の乱高下は片頭痛を引き起こす』
と言われました。


調べてみると、
低血糖は片頭痛を引き起こしやすいようです。
特に朝食を抜くことは良くないようですね。

血糖値を一定に保つ食事法も勧められています。
1日の食事の総量はそのままで、
回数を増やして少しずつ食べると
血糖値の変動を小さくできるようです。
(勤めている人は難しいかもしれませんね。)

また、適量のカフェインを摂ると
片頭痛の予防になるそうですが、
私自身は確認できていません。

 


また、片頭痛がある人は
『血流・血行を良くしてはいけない。』
ということですが、
私の場合は自転車通勤と休日のジョギングで
日常的に血行を良くしていても、
あまり影響がありません。

日常生活にはあまり支障がなくて、
【頭痛が出ると痛みで眠れなくなる】
というのが唯一の悩みだったので。

 


女性で多い片頭痛の症状は、
動くと激しい頭痛がして、
吐き気を伴うこともあるということで、
この場合は暗く涼しい場所で
安静にしていると楽になるそうです。
(短時間眠るのが最良の対処とも・・。)


もともと、原因があまりはっきりしない
慢性頭痛の症状のなかで、
区分けした一つが【片頭痛】とも言われており、
治療薬も効果があるから『片頭痛治療薬』として
認められているような気配もあります。


いずれにせよ、市販の頭痛薬では限界があること、
月に10日以上頭痛薬を飲むような生活をしている方は
頭痛を専門に診察してもらえる
【頭痛外来のある病院】の他、【神経内科】、【脳神経外科】
で受診することをお勧めします。


頭痛薬と称されている解熱鎮痛剤の飲み過ぎで
【薬剤乱用性頭痛】になると頭痛が続くばかりか、
薬の副作用で胃を傷めます。
(私は『びらん性慢性胃炎』になりました。)

009



人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です