【酸性食品】の取り過ぎには要注意! 糖尿病のリスク56%も増加


この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

a0002_002765
最近行われたフランス国立保健医学研究機構(INSERM)の研究から、
お肉やチーズといった酸性食品を多く食べると、
2型糖尿病のリスクが上がることが判明しました。
(2型糖尿病:過食、運動不足などの生活習慣が原因の場合が多い)


実験内容は、6万人以上の女性を14年間追跡調査し、
食事習慣を調べる、というもの。


なお、14年間で2型糖尿病を発症した人数は、
1372人となりました。

また、酸性食品を多く食べていた女性の上位25%と、
アルカリ性食品を多く食べていた女性の上位25%を比べたところ、
酸性食品を多く食べていた女性は、
アルカリ性食品を多く食べていた女性に比べ、
2型糖尿病になるリスクは56%も上がったそう。

 

http://news.ameba.jp/20131118-146/
酸性食品の取り過ぎには要注意!糖尿病のリスク56%も増加 – Ameba News [アメーバニュース].


昔は、チーズも肉もたくさん食べていましたね・・・。
今は、乳製品は大豆食品に切り替えています。
肉を食べる量も減らしました。

参考のため、1型糖尿病については、こちらの記事をどうぞ

http://apital.asahi.com/article/chinkana/2013110200003.html



人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です